脂肪肝の症状・治療法・食事療法

脂肪肝とは

脂肪肝とは、肝臓、とくに肝細胞の中に中性脂肪が蓄積 された状態です。
肝臓は吸収された栄養分などから中性脂肪をつくる大切 な働きをしています。中性脂肪は人間が生きるための大 切なエネルギーで、肝臓はその一部を肝細胞の中に蓄え ています。

 

さまざまな原因によって肝細胞内で使いきれなくなった 脂肪がたまると脂肪肝になります。つまり使われるエネ ルギーに比べ、作られた中性脂肪が多いのです。
病理学的には「顕微鏡による標本観察において、100個の 肝細胞中に30%以上の脂肪空胞が認められる場合」とい われています。

 

脂肪肝は比較的若い方にも多い病気です。脂肪肝自体は すぐに生命にかかわるような重大な病気ではありません 。

 

しかしアルコールが主な原因となっている人は、慢性肝 炎から肝硬変症まで進行する場合もあります。またアル コール類を飲用しない人でも、まれに肝硬変症になるケ ースもあります。脂肪肝が起こるような状態は糖尿病・ 高脂血症・高血圧などの生活習慣病をもたらす危険な状 態に近づいています。動脈硬化や心筋梗塞などを引き起 こす原因にもなります。

脂肪肝──原因

脂肪肝の主な原因には「肥満」「アルコール」「糖尿病」があります。

 

中性脂肪の原料である脂肪・糖分・アルコールなどの摂 りすぎなのです。この中で「肥満」と「アルコール」が 脂肪肝になる原因では70%を占めています。
メタボリックシンドロームに該当するような人も、危険 が高いことを十分認識してください。

 

●肥満
 食べすぎや偏食による栄養の摂り過ぎで、余分な脂肪 が肝臓に蓄積され発症します。

 

●アルコール
 アルコールの摂り過ぎは摂取カロリーの増加だけでな く、

 アルコール自体が「脂肪酸」となって肝臓に蓄積され 中性脂肪に変化します。

 

●糖尿病・内分泌異常
 代謝異常によって脂肪肝が引き起こされます

 

●薬剤
 坑生物質やステロイド剤を長期間に服用することで発 症することがあります。

 

しかし飲酒をしないないからいって脂肪肝にならないと は限りません。
心配されるのは「非アルコール性の脂肪肝(NAFLD)」です 。原因は脂肪肝を刺激する活性酸素によるストレスによ る過食や運動不足です。これにより肝臓に強い脂肪沈着 があらわれて、活性酸素や異常なサイトカインによる炎 症が起こるためです。

 

この非アルコール性の脂肪肝が危険なのは、進行した場 合には「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH・ナッシュ) 」といわれる病気へと進む可能性があることです。最近 では新しい生活習慣病として関心が高まっています。

 

「非アルコール性脂肪性肝炎」の患者は肥満・高血糖・ 高トリグリセリド血症・高コレステロール血症になって いる中高年の女性に多くみられるようです。脂肪肝の人 の約10パーセントが、この「非アルコール性脂肪性肝炎 」に該当するともいわれています。

脂肪肝──症状

初期に自覚症状・痛みはほとんどありません。このため 会社の健康診断の血液検査や超音波検査で偶然に発見さ れる場合がほとんどです。

 

症状が進行すると、食欲不振・お腹の膨満感・右上腹部 に痛みを感じるなどの一般的な肝臓病の症状があらわれ ます。さらに進行すると全身の倦怠感・黄疸・胸焼け・ 上腹部の痛みなどの症状が強まってきます。

脂肪肝──検査・診断

●肝機能検査
肝機能検査を行って肝臓に炎症などの異常がないかを診 断します。

他の病気の有無を確認するためにも必要です。GPT値が高 くなるのが一般的な特長ですが、アルコール性の場合に はγ-GPTも高値になります。※GPTの基準値:6〜37(U/l)

 

●超音波・腹部CT検査
超音波検査(エコー)では脂肪肝は健康な肝臓より白く 光って描出されます。

一般的には右の腎臓と対比させ腎臓よりも肝臓が白く描 出されるようなら脂肪肝です。

 

腹部CT検査(コンピューター断層撮影)では超音波検 査とは異なります。
CT値は低く色調は暗くなり脾臓との濃度差は逆転しま す。CT値の正常値は60位ですが、脂肪肝の場合は50以 下となり、数値が低くなるほど程度が強いことになりま す。

脂肪肝──治療法

治療法としてもっとも大切なポイントはアルコールを禁止し、適切な運動をすること。肥満の方はダイエットな どで体重を減らすことが重要です。
一般的に食事療法と運動療法が基本となります(ただし 薬剤などによる特殊な原因は別になります)。

 

●食事療法
1日に必要な摂取カロリーは一般的な成人で約1600カロ リーになります。さらにバランスの良い食事を心がけす ること大切です。タンパク質・食物繊維・各種ビタミン ・糖質・脂質をバランス良く摂取してください。ただし 脂肪肝の程度が強い人の場合には、糖質と脂質は控える 必要があります。食事療法は、念のため医師に相談して から行うとよいでしょう。

 

●運動療法
カロリーを消費する運動療法を行います。

一般的なおすすめ運動療法は、1日1万歩以上の歩行( 散歩)や長く続けられる水泳などです。短時間で汗をか く運動では、体の脂肪はほとんど消費されません。運動 は食事の2〜3時間後に始め、30分以上の運動をするよう にしてください。

脂肪肝──予防・対策・改善

◇アルコール摂取を禁止する(または減らす)
◇肥満を予防する(ダイエットし、標準体重を保つ)

◇脂肪分を控える
◇糖質を控える

◇蛋白質をしっかり摂る(魚や大豆・卵など)
◇ビタミンとミネラルをしっかり摂る

◇適度な運動を長く続ける
これらのことを毎日実行し、予防・対策・改善を心がけ てください。

スポンサード リンク